アボダームライトで綺麗な老犬

アボダームライトで綺麗な老犬

 

私の家族はミニチュアダックスフンドのオス、今年で満16歳になります。
ペットショップで勧められたアボダームライトどいうドッグフードをずっと食べています。
アボダームはアボカドが含まれているのが、特徴です。

 

16年間ずっと食べていますが、まったく飽きもせずご飯の時は毎日喜んで飛んできます。
値段は少し高めですが、毛並も今でもとてもよく、16歳の老犬とは思えない程綺麗な見た目です。
さすがに、足腰は弱くなっているので散歩はノソノソ歩きますが、年齢を言うと皆ビックリします。
「綺麗ですね」と褒められます。

 

何度か違うドックフードを与えてみたことがあるのですが、あんなにいつも足りない足りないと催促する子が残したのです。
口に合わないようで、アボダームを与えると飛びつきました。
犬もやっぱり味がわかるのですね。
うちの子はアボダーム以外はほとんど受け付けないみたいです。

 

アボダームは通常タイプとカロリーカットされたライトタイプ、そして老犬のためのシニアタイプがあります。
16歳のうちの子はシニアの方がいいのかもしれませんが、ライトとシニアではカロリーがほぼ変わらないのでライトで引き続き食べています。
少し高くても、可愛い愛犬のため、毎日食べるドックフードはいいものを。
その分やはり健康で長生きできると思います。

 

愛犬に長生きして欲しいです。

飼っている犬にはできるだけ長生きをして欲しいですよね。「犬と様々な場所へ遊びに行き思い出を作りたい」と思います。毎日食べさせるドッグフードは選び方で犬の寿命に影響を与えます。

 

犬はドッグフードを生涯食べ続けます。私は、今でもエサ代を抑えたい気持ちがあります。しかし、安心できない物が入っているドッグフードを購入し、食べ続けて病気になったら、そのほうが費用が掛かってしまうと思います。

 

食品衛生法で守られていて原材料の記載がはっきりしているドッグフードを与えるべきだと思います。犬に適合したドッグフードはどんな物だと思いますか?犬は動物性タンパク質を中心にタンパク質を摂取することが重要です。

 

犬は人と同じ物を食べることはできますし、私も、犬におやつを与えることがありますが、人間のお菓子は犬にとっては適していません。栄養バランスは人とは違うことを忘れないで下さい。犬は人よりたくさんの必須アミノ酸をタンパク質から摂取する必要があります。

 

良質な動物性タンパク質を中心にタンパク質を摂取することが大事です。植物性タンパク質では犬の必須アミノ酸をまかなうことはできません。犬の消化器官は、植物性タンパク質を分解しにくいです。ドッグフードは、コストが掛からない穀物でタンパク質を増やしているものが多いです。

 

ドッグフードのパッケージには栄養成分はタンパク質としか書かれていないので必須アミノ酸がまかなえているのか判断できないので注意が必要です。